ICカード式のタイムレコーダーは、紙のタイムカードの代わりに
ICカードを使用して打刻を行う
タイムレコーダーです。

about1

消耗品である紙のタイムカードを必要としなくなるので、大きなコストカットにつながる他、
タイムカードの購入・補充等にかかる手間も不要になります。

icabout

ICカードは1枚当たりの価格が安価です。
使用していた社員が退職しても、別の社員のカードとして再登録することで
繰り返し使用できます。

また、商品によっては社員が個人的に所持している交通系ICカード(SuicaやICOCAなど)等を
タイムカードとして登録・使用することができるものもあります。
icabout4

ICカード式のタイムレコーダーには、専用のタイムレコーダー機にICカードをかざして
打刻を行うものや、パソコンソフトウェアタイプ、Webブラウザを使用するものなど
様々な商品が販売されています。

いずれのタイプも、ほとんどの商品が打刻した時刻データをそのまま出力し、
給与計算ソフトへ取り込んで給与計算業務に使用することができます。


紙のタイムカードを使用する場合のように、打刻データを手入力で打ち直す必要がないため、
時間も手間も、人為的なミスも防止できる
のです。

商品によっては、設定内容に沿って打刻したデータの時間集計を行ってから出力したり、
インターネットを介して離れた店舗や支社のデータも一括で管理できたり、
給与計算まで行えるものもあります。

icmer1

デメリットとしては、ICカードを貸し借りされることで、代理打刻を完全には防止できない点です。
指紋や手のひら静脈、指静脈を使用して打刻する生体認証系のタイムレコーダーのように
代理打刻を完全に防ぐことはできません。

しかしながら、生体認証系のタイムレコーダーは認証精度に個人差が大きく影響します。
(認識しない、認識しずらいなど、個人によって反応が異なります。)

ICカード式のタイムレコーダーは、上記のような個人差は発生せず、いつでも
安定的な認証が行えるというメリットがあります。