指紋式のタイムレコーダーは、紙のタイムカードも、ICカードすらも使用しません。
指にある指紋を、指紋認証機器で認証することで本人確認を行い、
出勤、退勤等の打刻を行うタイムレコーダーです。

消耗品である紙のタイムカードはおろか、ICカードすら用意する必要がありません。
大幅なコストカット、手間を省くことが可能です。

専用の指紋認証機能付きのタイムレコーダーを使用する商品と、
パソコンと指紋認証機器を接続して使用するパソコンソフトタイプの商品などがあります。

shimonabout

いずれのタイプも、ほとんどの商品が打刻した時刻データをそのまま出力し、
給与計算ソフトへ取り込んで給与計算業務に使用することができます。


紙のタイムカードを使用する場合のように、打刻データを手入力で打ち直す必要がないため、
時間も手間も、人為的なミスも防止できる
のです。

商品によっては、設定内容に沿って打刻したデータの時間集計を行ってから出力したり、
インターネットを介して離れた店舗や支社のデータも一括で管理できたり、
給与計算まで行えるものもあります。

icmer1

指紋認証は生きた人間の体を認識する生体認証です。
指紋、つまり人間の体の一部を貸し借りしたり預けたりすることはできませんので、
代理打刻などの不正な打刻を防止する効果があります。

【指紋認証タイムレコーダーの反応が悪い場合】
生体認証はICカードのように画一的ではない為、認証精度に個人差が
多々見られる点がデメリットです。
人によって、認識しづらかったり、認識できない場合もあります。

指紋認証式のタイムレコーダーは、指静脈認証や手のひら静脈認証式の
タイムレコーダーよりも比較的安価に提供されていますが、
指静脈認証、手のひら静脈認証よりも認識率が低い場合が多くなっています。

また、リーダーへ直接接触して認証するため、認証部位が汚れやすく、
使用年数が長くなるにつれて認識率が低くなる可能性もあります。

反応がよく使いやすい生体認証を希望する場合は、指静脈認証、手のひら静脈認証を
選択するとよいでしょう。