「顔認証による勤怠管理ソリューション」 - 三和コンピュータ株式会社
sanwa

顔認証システム連携させた勤怠管理システム。
顔認証による「勤怠打刻」や「入退室時刻と出退勤時刻のかい離チェック」が可能です。

顔認証は生体認証。
従来の勤怠打刻で課題となる、なりすましや代理打刻といった不正利用を防止できます。
また、ICカード発行・再発行(忘れ、紛失、盗難)にかかる運用コストを削減する他、従業員の労働時間を適切に管理することで、企業の労務リスクを低減します。

三和コンピュータ株式会社は、非接触ICカードや生体認証による入退室管理システムを中心とした単体から大規模ネットワーク+監視カメラ連動システムを500社、1,000台以上の導入実績を持つ企業。
奉行シリーズの運用提案・導入・教育の他、顔認証システムの導入に伴う監視カメラの選定から工事・保守まで、すべて任せることができます。

<「顔認証による勤怠管理ソリューション」の詳細は、こちらから!>