激安タイムレコーダーを比較

激安タイムレコーダーを比較!勤怠管理の必需品! ICカード、指静脈、指紋、Androidなど様々な特徴を備えた タイムレコーダーを紹介♪

カテゴリ:激安タイムレコーダー > 激安タイムレコーダーの特徴



ICカード式のタイムレコーダーは、紙のタイムカードの代わりに
ICカードを使用して打刻を行う
タイムレコーダーです。

about1

消耗品である紙のタイムカードを必要としなくなるので、大きなコストカットにつながる他、
タイムカードの購入・補充等にかかる手間も不要になります。

icabout

ICカードは1枚当たりの価格が安価です。
使用していた社員が退職しても、別の社員のカードとして再登録することで
繰り返し使用できます。

また、商品によっては社員が個人的に所持している交通系ICカード(SuicaやICOCAなど)等を
タイムカードとして登録・使用することができるものもあります。
icabout4

ICカード式のタイムレコーダーには、専用のタイムレコーダー機にICカードをかざして
打刻を行うものや、パソコンソフトウェアタイプ、Webブラウザを使用するものなど
様々な商品が販売されています。

いずれのタイプも、ほとんどの商品が打刻した時刻データをそのまま出力し、
給与計算ソフトへ取り込んで給与計算業務に使用することができます。


紙のタイムカードを使用する場合のように、打刻データを手入力で打ち直す必要がないため、
時間も手間も、人為的なミスも防止できる
のです。

商品によっては、設定内容に沿って打刻したデータの時間集計を行ってから出力したり、
インターネットを介して離れた店舗や支社のデータも一括で管理できたり、
給与計算まで行えるものもあります。

icmer1

デメリットとしては、ICカードを貸し借りされることで、代理打刻を完全には防止できない点です。
指紋や手のひら静脈、指静脈を使用して打刻する生体認証系のタイムレコーダーのように
代理打刻を完全に防ぐことはできません。

しかしながら、生体認証系のタイムレコーダーは認証精度に個人差が大きく影響します。
(認識しない、認識しずらいなど、個人によって反応が異なります。)

ICカード式のタイムレコーダーは、上記のような個人差は発生せず、いつでも
安定的な認証が行えるというメリットがあります。



指静脈式のタイムレコーダーは、紙のタイムカードも、ICカードすらも使用しません。
指にある指静脈の形状を、指静脈認証機器で認証することで本人確認を行い、
出勤、退勤等の打刻を行うタイムレコーダーです。

消耗品である紙のタイムカードはおろか、ICカードすら用意する必要がありません。
大幅なコストカット、手間を省くことが可能です。

専用の指静脈認証機能付きのタイムレコーダーを使用する商品と、
パソコンと指静脈認証機器を接続して使用するパソコンソフトタイプの商品などがあります。

jomyakuabout

いずれのタイプも、ほとんどの商品が打刻した時刻データをそのまま出力し、
給与計算ソフトへ取り込んで給与計算業務に使用することができます。


紙のタイムカードを使用する場合のように、打刻データを手入力で打ち直す必要がないため、
時間も手間も、人為的なミスも防止できる
のです。

商品によっては、設定内容に沿って打刻したデータの時間集計を行ってから出力したり、
インターネットを介して離れた店舗や支社のデータも一括で管理できたり、
給与計算まで行えるものもあります。

icmer1

指静脈認証は生きた人間の体を認識する生体認証です。
指静脈の形状、つまり人間の体の一部を貸し借りしたり預けたりすることはできませんので、
代理打刻などの不正な打刻を防止する効果があります。

しかしながら、生体認証はICカードのように画一的ではない為、認証精度に個人差が
多々見られる点がデメリットです。
人によって、認識しづらかったり、認識できない場合もあります。

指静脈認証式のタイムレコーダーは、指紋認証式のタイムレコーダーよりも
比較的価格が高い傾向がありますが、認識率が高く、生体認証の中では
安定した認識が行える場合が多くなっています。




手のひら静脈認証式のタイムレコーダーは、紙のタイムカードも、ICカードすらも使用しません。
手のひら静脈の形状を、手のひら静脈認証機器で認証することで本人確認を行い、
出勤、退勤等の打刻を行うタイムレコーダーです。

消耗品である紙のタイムカードはおろか、ICカードすら用意する必要がありません。
大幅なコストカット、手間を省くことが可能です。

専用の手のひら静脈認証機能付きのタイムレコーダーを使用する商品と、
パソコンと手のひら静脈認証機器を接続して使用するパソコンソフトタイプの商品などがあります。

jomyakuabout2


いずれのタイプも、ほとんどの商品が打刻した時刻データをそのまま出力し、
給与計算ソフトへ取り込んで給与計算業務に使用することができます。


紙のタイムカードを使用する場合のように、打刻データを手入力で打ち直す必要がないため、
時間も手間も、人為的なミスも防止できる
のです。

商品によっては、設定内容に沿って打刻したデータの時間集計を行ってから出力したり、
インターネットを介して離れた店舗や支社のデータも一括で管理できたり、
給与計算まで行えるものもあります。

icmer1

手のひら静脈認証は生きた人間の体を認識する生体認証です。
手のひら静脈の形状、つまり人間の体の一部を貸し借りしたり預けたりすることはできませんので、
代理打刻などの不正な打刻を防止する効果があります。

しかしながら、生体認証はICカードのように画一的ではない為、認証精度に個人差が
多々見られる点がデメリットです。
人によって、認識しづらかったり、認識できない場合もあります。

手のひら静脈認証式のタイムレコーダーは、指紋認証式のタイムレコーダーよりも
比較的価格が高い傾向があります。




Androidのタイムレコーダーは、Android OSで動作するタブレットPCや
スマートフォンなどにおいて動作するタイムレコーダーアプリです。

ICカードをタイムカードの代わりに使用したり、IDとパスワード等を入力することで
本人確認を行い、出勤、退勤等の打刻を行います。

消耗品である紙のタイムカード用意する必要がありません。
大幅なコストカット、手間を省くことが可能です。

Android端末によって打刻を行ったデータを、インターネットを介してPC端末や
Web画面上で管理・操作するなどの商品が多く販売されています。

いずれのタイプも、ほとんどの商品が打刻した時刻データをそのまま出力し、
給与計算ソフトへ取り込んで給与計算業務に使用することができます。


紙のタイムカードを使用する場合のように、打刻データを手入力で打ち直す必要がないため、
時間も手間も、人為的なミスも防止できる
のです。

商品によっては、設定内容に沿って打刻したデータの時間集計を行ってから出力したり、
インターネットを介して離れた店舗や支社のデータも一括で管理できたり、
給与計算まで行えるものもあります。

icmer1

スマートフォンの普及が増え、Android OSで動作するタイムレコーダーは
増加してきています。




クラウド(ASP)タイムレコーダーとは、インターネットを介しネットワーク上にあるサーバへ
アクセスして使用するタイムレコーダーです。

ネットワーク上にあるサーバーの中にソフトウェアやデータが存在しますので、
使用にあたって、インターネットへの接続が必要となります。

タイムレコーダーを使用するにあたって生じるデータは、ネットワーク上にあるサーバーに
保管されます。

インターネットに接続することができる環境であれば、場所を問わずに接続、利用する事が
できます。

1


ASP、SaaSなどと銘打つタイムレコーダーサービスも、クラウド型のタイムレコーダーになります。

「自社サーバーを用意したり、ソフトウェアを購入する必要がない」、

「すぐに導入を開始できる」

などのメリットがある半面、

「ネットワークの障害などによりサービスへアクセスできない場合、業務が行えなくなってしまう」、

「個人情報や経営情報などが流出する可能性があるといった、セキュリティ面のリスクがある」

などのデメリットもあります。


↑このページのトップヘ